会社紹介動画にはドローン撮影がおすすめ?ドローン動画の効果とは

公開日:2022/07/15


ドローンが身近になった近年、会社紹介動画にドローン撮影を取り入れ差別化を図る企業が増えてきています。ドローンが得意とする空撮を活用することによって、まるで映画のように壮大なストーリー性をもたせた会社紹介動画が完成することでしょう。動画撮影を検討中の企業の方に向けて、ドローンで映像を撮影する魅力を紹介していきます。

近年、注目されているドローン動画とは

ドローンとは遠隔操作もしくは自動操縦で飛行する、無人の機体を指します。もともとは軍事用に活用されていたドローンですが、近年では娯楽やスポーツ、産業など、活躍の場はさまざまに広がっています。なかでもドローンを用いた空撮は、近年大いに注目を集めているのです。空撮といえば、飛行機やヘリコプターを用いて行われるのが一般的でした。

しかし、撮影用に機体を手配するのは手間がかかるほか、高額な予算が必要です。とても手軽に行えるものではなかった空撮ですが、ドローンの普及により空撮の概念が大きく変わることになりました。飛行機やヘリコプターといった巨大で高額な機体を準備する手間がなくなり、ドローンパイロットによる遠隔操作さえ可能であれば、手軽に空撮が行えるようになったのです。

ドローンを使って動画制作を行うメリット

ドローンを用いた撮影には、具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。以下で詳しくみていきましょう。

■迫力と高画質に圧倒される映像

ドローンは飛行スピードや高度、角度を自由自在に変化させながらの撮影が可能なため、飛行機やヘリコプターでおこなっていた従来の空撮とは比べ物にならないほど、ダイナミックな映像が撮れるのです。また、年々ドローンの性能は劇的な進化を遂げており、高画質で美しい撮影が可能です。

■低空飛行や狭所での撮影が叶う

撮影用のドローンは、小型のものが多く小回りの利く点が特徴です。低空飛行や狭所での撮影も難なくこなします。木々の隙間やビルの間、急斜面や崖、車やバイク・スキープレイヤーなど高速で移動する被写体といった、従来では空撮が困難だった場所もスムーズに撮影します。

■人身事故の心配がない

飛行機やヘリコプターのように搭乗する人はいないため、人身事故の心配がなく安全に撮影できるのも大きなメリットです。ジャングルや火山の噴火口、岩場など、人間が撮影に行けないような危険な場所こそドローンが本領を発揮します。

■ドローンとドローンパイロットさえ揃えば撮影可能

飛行機やヘリコプターでの空撮を行う場合、機体の手配にかかる費用に燃料代、パイロット・カメラマンへの人件費など、さまざまな費用が必要になってきます。しかしドローンでの空撮であればドローン本体とドローンパイロットさえ揃えば撮影でき、場所を選ばず撮影をはじめられる手軽さもあります。従来より撮影コストを抑えられ、高度な撮影パフォーマンスを兼ね備えるのがドローンの魅力です。

ドローン撮影をする際のマナーやルール

ドローンでの撮影には、事前の準備と確認が必須です。いくら手軽に撮影できるとはいえ、マナーやルールを無視してはトラブルにつながりかねません。マナーやルールをきちんと理解してから撮影に臨みましょう。

■飛行・撮影許可を取得する

ドローンはどこでも飛ばせるわけではありません。航空法で規定されている飛行禁止区域の確認や、誰かの所有地で飛ばす場合は、所有者の承諾や国土交通省への申請が必要となります。たとえ飛行禁止区域外であっても、場合によっては申請書を提出する必要があることも。

また撮影した映像に人の顔や車のナンバープレートが映りこんでいる場合は、必ず本人の許可を得たり、ぼかしを入れたりといった対処を行ってから公開するようにしましょう。

■撮影前に下見を行う

撮影を円滑に進めるために、下見を忘れず行うとよいでしょう。特に、電波塔や電線の多い場所での撮影には十分な注意が必要です。街中で撮影する場合は、近隣住民の迷惑にならないよう下見を重ねて事前に撮影プランを練っておきましょう。

■環境や天候によっては適切な判断を

事前にしっかり準備を行っていても、撮影当日の環境や天候に左右されやすいのがドローン撮影です。風の強い状況やセンサーがうまく動作しない環境下で飛行をおこなうと、ドローンが制御不能となり非常に危険なのです。思わぬ事故につながらないよう、飛ばさない判断をすることも重要ですね。

ドローン撮影で効果的なテクニック

ドローンが得意とする低空飛行や狭所での飛行を存分に活かし、ドローンにしか撮影できない映像を生み出したいですよね。テクニックを理解し、ドローンパイロットに的確に依頼できるようにしておきましょう。

■上昇させながら感動を生む

ドローンを上昇させながら被写体を撮影することで、ストーリー性をもったエンディングのようなシーンを演出することができます。上昇速度がまちまちだと視聴者に違和感を与え、感動を生み出すのは難しくなります。一定のスピードで上昇させるようにしましょう。

■対象物の背後の景色を一気に広げる

目線の高さで対象物へと近づき、衝突しそうになる手前でゆっくりと上昇します。対象物の背後の景色が一気に広がり、開放感に溢れた映像となります。大自然の雄大さを表現したいときなどに最適な演出でしょう。

■あえてのローアングルで

あえてローアングルで撮影することで、映画などでよく使われるドリー撮影のような、なめらかな水平移動の撮影を行うことが可能です。ローアングルでの撮影は障害物への配慮を十分に行う必要があります。事前の下見で安全に撮影できるか確認しておきましょう。

 

空撮による企業のコンセプトやイメージの表現は、非常に高額の費用や技術が要求され、なかなか挑戦しにくいものでした。しかし近年のドローンの普及により、手軽に空撮できる環境が整いつつあります。ライバル企業との差別化を図るためにも、ドローンを用いたインパクトある映像で会社の良さを全面的に押し出した個性的な動画を作成してみてはいかがでしょうか。

【福岡県】おすすめの動画・映像制作会社5選

イメージ
会社名レボアーチKBC映像空気VSQティーアンドイー
おすすめポイント高クオリティーな作品を納品。各分野のプロがサポートしてくれるので安心九州最大のプロダクション。有名アーティストの映像制作に関わった実績あり面白いものを作ることにこだわっている制作会社。250以上の受賞実績があり映像制作のことなら何でもできる。歴史と実績がある制作会社映像からイベント運営まで対応。心を揺さぶる映像を作ってくれる制作会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧