映像制作の基本!依頼から納品までの流れと気をつけるポイントを解説

公開日:2022/03/15

企業の採用動画やセミナー動画、会社紹介動画などを作る際、映像制作会社に依頼したいと考えている企業も多いでしょう。しかし、映像制作を依頼した経験がない場合、何を準備すればよいのかわからないケースも少なくないのではないでしょうか。そこでこのコラムでは、映像制作を依頼する際の基本的な流れについて解説します。

ヒアリング

最初に依頼者と制作会社の担当者間でヒアリングが実施されます。映像コンテンツはクリエイティブなものであり、イメージをきちんと共有できるかどうかが重要なポイントです。また、イメージだけでなく、予算や映像制作の目的についても質問されるでしょう。

動画のイメージがきちんと固まっていない場合でも、映像制作を通じて達成したい目的はあるはずです。まずは伝えられる情報をできるだけ細かく伝えましょう

また、ヒアリング前にどのような内容を質問されるのか考えておくことをおすすめします。その場で適当に答えてしまうと、動画の軸がぶれてしまう可能性があるからです。さらに、ヒアリングを通じて信頼できる制作会社かどうかチェックすることを忘れないようにしましょう。

プランの提案・料金見積り

ヒアリング完了後、制作会社がプランと見積もりを作成します。プランはいくつか提案されるケースが多く、プランごとに見積もりを提示。ヒアリングの段階で予算感を伝えておくと、予算オーバーの心配がなくなるでしょう。

また、プラン提案では、動画の長さや撮影方法、どのような完成イメージになるかを共有してもらえます。プランが魅力的でなかった、予算オーバーの見積もりを提示されたという場合は、別の制作会社に依頼するのも選択肢の1つです。断りきれずに不安を抱えたまま映像制作が進んでしまうのを避けるためにも、合わないと感じたらきちんと断りましょう

台本作成

依頼する制作会社が決定したら、台本作成のステップに移ります。台本作成を業者に任せることもできますが、希望の内容がある場合はきちんと共有するようにしましょう。

また、制作会社に台本を作成してもらうのか、自社で制作したものを持ち込むのかによって費用が変わります。持ち込みの場合は制作工数が減る分、料金が安くなることが多いため、ヒアリングの段階で相談しておくのがおすすめです。

撮影

台本が完成したら、撮影が行われます。撮影の段階ではすでに大まかな撮影の流れが決定しているため、構成に沿って撮影が進行。動画の内容によって撮影方法が大きく異なり、社内で撮影する、制作会社のスタジオを借りる、ロケーション撮影を行うなどの選択肢があります。なお、有名なモデルやタレントを起用すると、制作費が高額になるでしょう。また、撮影は基本的に1日で終了します。

編集

撮影したデータをもとに、編集が行われます。編集には2つのステップがあり、ラフ編集と本編集があります。

最初に実施されるラフ編集は、下書きのような工程をイメージすると分かりやすいでしょう。細かな編集ではなく、大まかな流れやカメラワークのみを確認します。そして本編集では、動画完成に向けて細かな編集が始まり、明るさを調整や必要に合わせてテロップの挿入などが行われるのです。

音声・BGM調整

映像そのものが完成したら、音声とBGMの調整が実施されます。映像制作と聞くと、動画が重要だと考えられがちですが、音声やBGMも動画の完成度に大きく影響します。

たとえば、コンセプトに合わないBGMを採用してしまったり、音量が合わなかったりするとクオリティが下がってしまうでしょう。また、使用する音楽の著作権を確認したり、ナレーションを入れたりするのも音声・BGM調整の1つです。

納品

全ての工程が完了し、チェックが完了したら納品となります。納品方法はDVDやデータ納品などの選択肢があるため、希望があれば伝えておきましょう。映像制作は発注から納品まではおおよそ1~3か月かかります。

事前にきちんと準備しておけば、スムーズに制作工程が進むでしょう。映像制作が初めての場合、何も分からない状態からのスタートになります。ただし、制作会社に任せっきりになるのではなく、きちんと完成イメージも持ち、動画の制作目的を明確にしておくのが重要です。

分からないことがあり、不安に感じる場合は、その都度制作会社に相談しましょう。当事者意識を持って、積極的に要望を伝えたり、質問したりすると理想的な動画になるはずです。

 

近年、企業がマーケティングツールとして映像制作を検討するケースが増えています。企業が動画を制作する際は、制作会社に依頼することが多いでしょう。制作会社は映像制作のプロであり、映像制作が初めての方でもきちんとサポートしています。

ただし、映像制作を通じて達成したい目的や完成イメージなどは明確にしておくようにしましょう。積極的に映像制作に関わることで、理想的な映像の完成が期待できます。

【福岡県】おすすめの動画・映像制作会社5選

イメージ
会社名レボアーチKBC映像空気VSQティーアンドイー
おすすめポイント高クオリティーな作品を納品。各分野のプロがサポートしてくれるので安心九州最大のプロダクション。有名アーティストの映像制作に関わった実績あり面白いものを作ることにこだわっている制作会社。250以上の受賞実績があり映像制作のことなら何でもできる。歴史と実績がある制作会社映像からイベント運営まで対応。心を揺さぶる映像を作ってくれる制作会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧