アニメーション動画とは?制作を依頼するメリットやポイントを紹介!

公開日:


アニメーション動画を用いて何かPRしたいけど、そもそもアニメーション動画にはどういった種類や効果があるのか、自社製品にどんな動画が合っているのか、いまいち分からず悩む方も多いはず。ここではアニメーション動画の種類やメリットから、制作を依頼する際のコツまでを詳しくご紹介していきます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

アニメーション動画とは

アニメーション動画とは、イラストや文字に動きを加えた動画を指します。はじまりは今から100年ほど前、19世紀末になります。当時は、人間の目がもたらす残像効果を利用した動く絵づくりが盛んでした。現代で知られるパラパラ漫画です。徐々に進化を遂げていき、動きのキーポイントとなる絵を描いたのちに間の絵を描き足していく手法をアニメーションと呼ぶようになりました。現代では編集ソフトなどを用いて作成されることが多く、複雑な情報でも分かりやすく整理して伝えられる利点から幅広く活用されています。

アニメーション動画の種類

アニメーション動画は10種類以上に細分化することが可能です。そのなかでも、企業のPRやブランディングなどによく使われる種類を紹介していきましょう。

■インフォグラフィック動画

写真や図表、グラフなどで情報を分かりやすく表現する動画を、インフォグラフィック動画といいます。インフォグラフィックとは情報を意味するインフォメーションと、視覚表現を意味するグラフィック、このふたつを組み合わせた造語です。

■モーショングラフィックス動画

写真や文字、イラストや図形など、もともと動きをもたない素材に動きを加えます。視覚情報が複雑になりにくく、シンプルに伝えたいことを伝えられる利点があるのです。主にドラマや映画のオープニングタイトル、CMの企業ロゴなどに使われています。

■タイポグラフィ動画

タイポグラフィ動画とは、前述したモーショングラフィックス動画のなかでも、文字に動きをつけた動画を指します。言葉の意味を強調したい場合によく使われる手法で、観た人の記憶に残りやすいよう工夫されることが多いです。

■3Dアニメーション動画

3Dアニメーション動画とは立体的なイラスト、またグラフィックなどを用いて作成されるものです。2Dでなく3Dにすることで、具体的な形状や素材感などといった特徴を把握しやすい動画となります。画面越しに商品の特徴を把握してほしいときに使われることの多い手法です。

■2.5Dアニメーション動画

2.5Dとは、2Dと3Dの間を指します。3Dほど見た目は立体的ではないけれど、斜め上から見下ろしているかのような感覚になれるのが特徴です。3Dアニメーション動画と比べ安価に作成できる利点があります。

■ホワイトボードアニメーション動画

近年、YouTubeの解説動画などでよく見かける手法が、ホワイトボードアニメーション動画です。ホワイトボードのような真っ白な背景に、イラストや文字などが描き進められていく様子が動画として再生されます。背景色が白だけなので、描き上げられていく情報のみ視覚的に入ってくるため伝えたいことが伝わりやすい動画となっています。

■イラストアニメーション動画

イラストアニメーション動画とは、パラパラ漫画と同じく、少しずつ異なるイラストを何枚も作成し動かしていく手法を指します。テレビアニメやアニメ映画の主流であり、膨大な量のイラストが必要です。

アニメーション動画を活用するメリット

テレビアニメ以外に、ビジネス用途でも活用される機会の多いアニメーション動画。形のないサービスやコンセプトなどを分かりやすく伝えられるのがアニメーション動画の大きなメリットです。さまざまにメリットが存在するため以下で詳しくみていきましょう。

■表現の難しい内容を分かりやすく伝えられる

サービスやソフトウェア製品などといった無形商材や、企業のコンセプト・イメージなどは実写での表現はなかなか難しいもの。しかし、アニメーションに頼ることで、具体的な利用シーンなどを簡単に表現することが可能です。文字だけでは長くなって伝わりにくいサービス内容や、ブランドイメージなど形のないものをビジュアル化することで、消費者は直感的に内容を理解できるようになるのです。

■無駄のない的確な表現が可能

文章と違い、伝えたい要素に動きを加えることで印象に残りやすくなるとともに、不要な情報をそぎ落としたメッセージを作成できるメリットがあります。データを積極的に用いて消費者の理解促進につなげられるインフォグラフィック動画、実写では撮影の難しいシーンを3Dアニメーション動画の手法で作成するなど、動画での表現は的確かつ無限大です。

■実写撮影に比べ低コスト

実写撮影にはカメラマンやモデル、スタジオ、撮影機材などを用意する必要があります。しかし、アニメーション動画にこれらは必要ないため、コストを抑えた動画作成が可能なのです。撮影日数やスタッフ数の増加による費用変動がないのも利点です。

■大きな修正にも対応しやすい

もし動画に大きな変更点が出てきた場合、実写だと再撮影しなければなりません。キャストや映り込みの差し替えが必要になると、スケジュールの調整からやり直しになることもあります。一方でアニメーション動画なら、編集によるキャラクターや背景の差し替えが可能で、動きやセリフを変更することも簡単なのです。

アニメーション動画作成を依頼する際のポイント

動画作成を依頼する場合、制作者に丸投げでは本当に伝えたい部分がうまく伝わらない動画になるかもしれません。以下の点に注意し依頼することをおすすめします。

■動画作成の目的とターゲット層をはっきりさせる

動画内で伝えたいことは何なのか、何のために動画を作成するのか、誰のために作成する動画なのかをはっきりさせることで動画の内容が迷走することを防ぎます。あれこれ情報を詰め込みすぎると誰にも響かない動画が完成してしまうので、目的とターゲット層をはっきりさせることを忘れず行いましょう。

■企業のコンセプトやイメージに合わせる

完成した動画が企業のコンセプトやイメージに合っていなければ伝えたいことも伝わりません。動画全体の印象から細部の色味や演出まで、制作者と事前のすり合わせをしっかりと行いましょう。

 

アニメーション動画には、抽象的で複雑な内容や無形商材など、文字では表現の難しいものを具体的かつ直感的に消費者に理解させられる大きなメリットがあります。アニメーション動画をうまく活用し、たくさんの方に理解してもらえるPRにつながるとよいですね。

【福岡県】おすすめの動画・映像制作会社5選

イメージ
会社名レボアーチKBC映像空気VSQティーアンドイー
おすすめポイント高クオリティーな作品を納品。各分野のプロがサポートしてくれるので安心九州最大のプロダクション。有名アーティストの映像制作に関わった実績あり面白いものを作ることにこだわっている制作会社。250以上の受賞実績があり映像制作のことなら何でもできる。歴史と実績がある制作会社映像からイベント運営まで対応。心を揺さぶる映像を作ってくれる制作会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧