動画広告を作るには?制作のポイントと種類を解説!

公開日:2021/11/01

近年動画配信サービスの流行を受け、WEB上で動画広告を流す企業が増えてきています。自社の商品やサービスを宣伝する際、どのような動画広告にすれば効果が得られるのかわからないといったこともあるのではないでしょうか。この記事では動画広告の種類や、市場でどんどん広がりを見せる動画広告の需要の高まりについて解説します。

動画広告の種類

一口に動画広告といっても、ユーザーが閲覧するWEBページによってその形態が異なります。ここでは主に3つの動画広告の種類とそれぞれの効果について解説します。

インストリーム広告

動画配信サイトにおいて、動画コンテンツの途中やその前後に流れる動画広告のことです。ユーザーが見たい動画に埋め込まれているため、確実にユーザーの目に留まるというメリットがあります。

動画広告の尺の長さには幅があり、15秒ほどのものから3分に及ぶものがあります。そのためインストリーム広告には、広告再生から数秒後にユーザーが任意でスキップできる「スキップバブル」と、最後までスキップできない「ノンスキップバブル」があります。

スキップバブルは数分ほどの尺の長い広告が多く、ノンスキップバブルはテレビのCMと同じ数秒ほどの短い広告が多いです。

インバナー広告

インバナー広告は、WEBサイトのバナー広告欄に表示される動画広告のことです。動画コンテンツに限らずあらゆるWEBサイトに掲載されるというメリットがありますが、メインコンテンツの枠外に表示されるため、ユーザーの目に留まりにくいという特徴があります。

また、初期設定で音声がミュートになっているものもあるため、インストリーム広告に比べて注目されにくいですが、押しつけがましくなくWEBページ閲覧の邪魔にならないので、広告に悪印象を持たれにくくなります。

インリード広告

インリード広告は、ユーザーがWEBページをスクロールしていって、動画広告が表示されたときに、動画が最初から再生される広告のことです。動かない画像や文字列をスクロールしているうちに、突然動く映像が現れるとつい指を止めて注目してしまうのではないでしょうか。

インリード広告はそのような効果を狙っており、メインコンテンツのデザインに溶け込むように埋め込まれているため、違和感を持つことなく自然に動画広告を視聴させられるというメリットがあります。

動画広告を作る前に情報を整理しよう

いざ動画広告を作ってみようという段階になって、「誰に何をどのように伝えたいか」が明確になっていなければ、広告のメッセージに強い訴求力が得られず、思うように効果が得られないかもしれません。

そうならないためにも、まずは必要な情報を整理しましょう。

動画を作るゴール(目的)を考える

まずは何のために動画を作るのか、ゴールを明確にしておかなければ広告に強いメッセージ性を打ち出すことができません。

「自社の商品やサービスを広く認知してもらうことが目的」なのか「公式サイトへの誘導が目的」なのか、動画広告を出すことによってユーザーにどのような影響を与えたいのかという最終的な目的を考えてみましょう。

ターゲット(ペルソナ)を明確にする

ユーザーの性別・年齢・職業によって興味を持ってもらう動画が異なってきます。動画広告がどのような層に刺さってほしいのか改めて考えてみましょう。

そのためにも架空の人物になりますが、性別・年齢・職業・家族構成・趣味・休日の過ごし方・価値観など、具体的なペルソナ(人物像)を設定していきましょう。そうすることでよりユーザー目線の動画広告を制作できます。

配信先や掲載方法を決める

動画広告を制作する前に、配信先や掲載方法を決めましょう。先ほどご紹介したとおり、動画広告にもさまざまな種類があります。

それぞれ特徴が異なっているので、どこに掲載すればより効果が得られるかを考え、そのフォーマットに合った動画広告を制作するとよいでしょう。

動画広告の需要は広がっている

動画ストリーミングサービスの一般的な普及に伴い、動画広告の需要が高まってきています。

とくに2020年は商品やサービスの認知拡大のみを目的とするだけではなく、直接的に商品の販売を促進することを目的とするなど、市場における動画広告の活用の幅はさらに広がりました。動画広告の集客力の高さを利用し、大手SNSなどでは短期的で幅広い認知を獲得できる広告商品への需要が高まっています

また、アプリケーションの販売促進を目的としたプロモーションにおいては、さらに訴求力のある動画広告の需要増加につながりました。動画広告の需要はこれからも高まり、今後のトレンドとなっていくでしょう。

 

動画配信サイトが一般の人々の間にも広く普及するようになって、動画広告の需要はさらに高まってきています。幅広い人々の目に留まる動画広告ですから、自社の商品やサービスをどの層に届けたいかをしっかりと意識することはとても大切です。そしてどの種類の動画広告ならより商品やサービスを広く認知してもらえるかを考えて、動画広告を制作してみるとよいでしょう。

【福岡県】おすすめの動画・映像制作会社5選

イメージ
会社名レボアーチKBC映像空気VSQティーアンドイー
おすすめポイント高クオリティーな作品を納品。各分野のプロがサポートしてくれるので安心九州最大のプロダクション。有名アーティストの映像制作に関わった実績あり面白いものを作ることにこだわっている制作会社。250以上の受賞実績があり映像制作のことなら何でもできる。歴史と実績がある制作会社映像からイベント運営まで対応。心を揺さぶる映像を作ってくれる制作会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧