動画制作を依頼するにあたって必要なものは?

公開日:2021/11/01

動画制作を業者に依頼する際、事前に何を準備すればよいか悩む方もいるのではないでしょうか。相手がプロだからといってすべてを丸投げしてしまうと、イメージとは違う動画になってしまうかもしれません。この記事では、動画制作を依頼するにあたって必要な準備について解説します。

最低限用意しておくべきものは?

動画制作を依頼する前に、これだけは最低限準備しておくべきという事柄は以下の3つです。

目的を決めておく

動画の中で何を強く訴えたいのか、その目的を明確にしておくことは、動画制作を依頼する上で絶対的に必要なことです。

これがないと、制作会社に動画のイメージをはっきりと伝えられないばかりか、自分の要望とは合わない見当違いな制作会社を選んでしまう可能性があります。目的を定めることで、動画を制作する上での方向性や戦略が大きく変わってきます。

動画の目的は主に、「企業やサービスの認知拡大」「企業ブランドの価値を高めるブランディング」「サイト誘導や商品購入、採用などの集客」の3つに分けられます。作りたい動画がこの3つのどれに当てはまるのかを、まず設定しましょう。

たとえば企業やサービスの認知拡大が目的なら、短い動画の中で企業名やサービス名を強調することが有効です。逆に集客が目標なら、動画の中で商品やサービスの特徴や利点を丁寧に説明する必要があります。

認知拡大と集客は混同しやすいですが、明確な目的を持つことで動画の内容が細かく変わってくるということがわかります。

予算を決めておく

どれぐらいの規模の動画を制作するのかによって、金額にも幅がでてきます。

あらかじめ予算の上限を決めておくことで、業者との交渉もスムーズに進むのではないでしょうか。よい制作会社は、クライアントの予算を考慮に入れて最適な動画を提案してくれます。

逆に予算を曖昧にしておくと、動画の提案にブレが生じてしまい戦略も明確なものになりません。制作会社からよい提案を引き出すためにも、しっかりと予算を決めることは非常に大切なことです。

また、動画制作にあたって追加料金が発生する場合もあります。製作費が想定よりも高騰してしまうことを防ぐためにも、制作会社に予算を伝えておくことは大事です。

もし動画の依頼が初めてで予算がはっきりと決められない場合には、制作会社に作りたい動画のイメージを伝えた上で、どれぐらい製作費がかかるかを聞いておくと安心です。

納期を決めておく

制作された動画をいつまでに納品してもらうかを決めておくことも大切です。動画をお披露目する日が固定されていて、どうしても期日を延ばせない場合なども制作会社にあらかじめ伝えておきましょう。

一度制作した動画でも、確認したときに修正してほしい箇所が発生する可能性があります。納期を決める際は、修正をする日数も考慮に入れて決めましょう。

ターゲット層やペルソナは明確にしておこう

動画をどの層に見てほしいのかというターゲットを明確にすることが大切です。ターゲットが明確になることによって、伝え方や動画のジャンル、配信媒体などが変わってきます。よりピンポイントで強いメッセージ性のある動画を作ることができるのです。

ペルソナ(人物像)は年齢や性別はもちろん、職業、住んでいる場所、家族構成まで具体的に設定してみましょう。ペルソナによっても動画のテイストが変わることがわかるのではないでしょうか。

配信する媒体もペルソナによってさまざまです。どの媒体で動画を配信するかを見極めることも重要になってきます。あわせてターゲットは既存客なのか、ニーズのある見込み客なのか、またはまったく新しい未認知の客層なのかも考えるとよいでしょう。

ターゲットにするペルソナを明確にすることで、制作会社も動画の提案がしやすくなります。

参考動画や資料があると

制作会社に動画のイメージを伝えるうえで、参考動画を用意しておくとよいでしょう。

「これに近いイメージで動画を作ってください」と依頼することで、制作会社との間でイメージに差異が生まれにくく話がスムーズに進みます。さらにPRしたい商品やサービスの資料があれば、さらにイメージは膨らみやすくなります。

ただ、少ない予算で普段見ている広告のようなクオリティの動画を作るというのは無理難題ですので、「参考動画に近いイメージで、予算内で動画を作るにはどうしたらよいか」ということは、ぜひ制作会社に問い合わせてみてください。

媒体や動画の尺など基本的な部分を決めておくとスムーズ

動画を配信するメインの媒体も決めておいてください。公式サイトに掲載するのか、SNSの広告なのか、街中の大型スクリーンを使った広告なのか、媒体によって動画のテイストも使う機材も画像の解像度も変わってきます。

もちろん媒体が変わればかかる費用も変わってきますので、配信する媒体を決めることもとても大切になってきます。

同時に動画の尺も設定してください。30秒以内、60秒以内、120秒以内などザックリで大丈夫です。尺によっても費用が変わってきますし、尺の中で盛り込めるメッセージ数も変わってきます。

ただし、尺の長さに関わらず1つの動画にたくさんメッセージを盛り込むと、視聴者に訴えかける力が弱くなります。1つの動画で伝えたいメッセージは3つぐらいまでに絞りましょう。伝えたいメッセージの数から逆算して、動画の尺を考えてもいいかもしれませんね。

メッセージが決まったら、自分で音読してストップウォッチで何秒におさまるか計測してみましょう。実際に自分で喋ってみることで、動画の長さが具体的にイメージできることでしょう。

 

制作会社に動画制作を依頼するときには、動画の目的、ターゲット、予算をあらかじめ決めておく必要があります。これらを明確化しておくことで、より視聴者に興味を持ってもらえる動画を制作できるでしょう。

制作会社にもクライアントのビジョンがはっきりと伝われば、質のいい動画の提案を引き出すことができます。どのような動画を作りたいか、こだわりを持って決めてから制作会社に依頼しましょう。

【福岡県】おすすめの動画・映像制作会社5選

イメージ
会社名レボアーチKBC映像空気VSQティーアンドイー
おすすめポイント高クオリティーな作品を納品。各分野のプロがサポートしてくれるので安心九州最大のプロダクション。有名アーティストの映像制作に関わった実績あり面白いものを作ることにこだわっている制作会社。250以上の受賞実績があり映像制作のことなら何でもできる。歴史と実績がある制作会社映像からイベント運営まで対応。心を揺さぶる映像を作ってくれる制作会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧