制作会社が喜ぶ!?スムーズな動画制作のために準備するもの

公開日:2021/10/15


動画制作を依頼する際、なにを準備すればいいのか迷うケースも少なくありません。また、外注するため準備は不要だと考える方もいます。しかし、スムーズな動画制作を行うためにはポイントを押さえて準備をすることが大切です。今回の記事では、スムーズな動画制作のために準備するものについて解説します。あらかじめチェックしておきましょう。

具体的な数値の目標を明確にしよう

まず、制作会社に動画の制作を依頼する前に、動画を制作することによって何を目標とするのかという具体的な数値を明確にしておくことが大切です。つまり、動画によって達成したい重要目標達成指標を決める必要があります。さらに、重要目標達成指標はできるだけ具体的な数値で出すことがポイントです。たとえば、動画を配信した際の目標視聴者数や、動画の再生回数を具体的に目標として定めておくなどが挙げられます。

さらに、視聴者数や再生回数だけでなく、動画を見た人が広告をクリックした回数を目標の数値として定めておくことも重要目標達成指標として使用されます。何人が動画を視聴して広告をクリックするのか、コンバージョン(購入数や問い合わせ)を明確に決めておくことで、動画を制作する際の戦略となるようです。制作会社も詳細な目標値があることでどのような訴求の動画に仕上げるのかということを考えやすくなります。

何を伝えたいのか・アピールしたいのか決めよう

動画の制作を始める際、何を伝えたいのか、アピールしたいのかということを決めておくことが重要です。動画を制作する目的によって動画の方向性・戦略が大きく変わるため目的は重要なポイントです。動画制作の目的は主に3種類あります。1つ目が企業名やサービスの認知拡大です。2つ目が企業ブランドの価値を高めるブランディング、3つ目がサイト誘導や商品購入、採用などの集客です。

また、動画制作においてよくある失敗例として、企業の認知拡大という目的と集客を目的とした動画の内容を混同してしまうということです。たとえば、認知を拡大するためには短い動画の中で社名やサービス名を強調することが一般的となります。

一方、集客を目的とする場合はサービスの中身やメリットを丁寧に解説することが重要です。つまり、認知の拡大と集客を目的とする動画では内容が異なります。しかし、動画制作の目的が定まっていないことで、動画のコンセプトが明確にならず、視聴者に何を伝えたいのかがわからなくなるケースも少なくありません。

さらに、動画内で訴求するメッセージも事前に考えておくことが大切です。たとえば、会社紹介が目的の場合、自社の強み、他社と違う魅力、経営のデータなどを訴求するメッセージが必要です。一方、採用が目的の場合、職場の雰囲気や仕事内容の理解、出世イメージなどを訴求します。メッセージはターゲットや目的によって変わります。そのため、動画制作で何を目的とするのか決めておくことがポイントです。

あらかじめ自社の情報やサービスに関する資料を用意!

動画の制作を依頼する際、制作会社に提出する自社の情報やサービスに関する資料を用意しておくこともポイントとして挙げられます。たとえば、会社案内に関する資料やサービス・事業紹介、営業のプレゼン資料、過去の取り組みなどが挙げられます。制作会社は、企業やサービスの特徴、強み、競合との差を理解した上で動画を制作してくれるようです。

また、医療系動画や製造業の動画では、動画に反映できない企業秘密も多くあります。さらに、特殊な撮影技術も必要な場合は、専門の会社しか制作できないケースがあります。撮影を行える機材を取り揃えているのか、理想としている制作ができるのかということを判断するためにもその可否の判断のためにも、あらゆる資料を準備しておくことがおすすめです。

やらないほうがいいことは?

動画制作を依頼する際、万全の準備をしておくことがスムーズな動画制作につながります。しかし、準備をするだけでは動画は完成しません。動画制作がスタートしてから依頼者が気をつけるべき行為について紹介します。

メッセージを詰め込みすぎない

動画内で伝えたいメッセージを盛り込みすぎると、動画制作の妨げとなります。なぜなら、メッセージが多すぎることで何を訴求したいのかということがわからなくなるからです。多くともメッセージは3つまで、できれば1つに絞るのが理想です。

撮影後の修正は基本的にNG

撮影が終わってからこんなシーンも撮りたい、やはりメッセージも追加したいと思っても、撮影機材やスタッフを再びセッティングすることは難しいケースがあります。撮影は一発勝負だと認識し、追加撮影がないよう準備を入念にすることが大切です。

撮影は必ず同席する

依頼者は、撮影の責任者として撮影した内容をその場で合格かどうか判断する必要があります。そのため、動画の責任者は必ず撮影現場に同席します。

1枚の絵にこだわりすぎない

アニメ動画においては、素人ではアニメーションの動きまでわからないため、絵コンテだけに引っ張られないことが大切です。一方、目の形やフォルムなどはイラストを動かす編集作業の前のイラストの時点で確定させておく必要があります。なぜなら、動いているアニメを確認した後に目や手の形を変えてほしいといっても不可能であるからです。

まとめ

制作会社に動画の制作を依頼する際は、まず具体的な数値目標を設定しておくことが大切です。さらに、動画制作を通じて何を伝えたいのかという目的を定めておくことで、動画の内容が変わります。また、動画制作を依頼する際、制作会社は、企業やサービスの特徴、強み、競合との差を理解した上で動画を制作します。そのため、自社のことが伝わる資料を用意しておくことも重要なポイントです。

【福岡県】おすすめの動画・映像制作会社5選

イメージ
会社名レボアーチKBC映像空気VSQティーアンドイー
おすすめポイント高クオリティーな作品を納品。各分野のプロがサポートしてくれるので安心九州最大のプロダクション。有名アーティストの映像制作に関わった実績あり面白いものを作ることにこだわっている制作会社。250以上の受賞実績があり映像制作のことなら何でもできる。歴史と実績がある制作会社映像からイベント運営まで対応。心を揺さぶる映像を作ってくれる制作会社
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧